カテゴリー別アーカイブ: グリストラップ

グリストラップの蓋を開けた時に良い臭いになりました。

2014年5月8日からテストをさせていただいていた、中華料理店様ですが、3週間目の確認で、はっきりと効果が確認できました。今までの2回(投入後1週間目、2週間目)の確認では、蓋を開けた時グリストラップ特有の、嫌な臭いが多少感じられていましたが、3週間目に伺って蓋を開けた時、嫌な臭いは全くせず、料理の良い香りがしました。こちらの中華料理店様のテストでも大成功です!!継続して確認をさせていただきますが、こちらのお店では、もうグリストラップの嫌な臭いに悩まされることはありません。
グリストラップキレートカオスの説明又は購入を希望の店舗様は、是非、株式会社パディトップクラブまでご連絡ください。電話:03-6410-2362e-mail: info@paddy-rent.jp です。

グリストラップの臭いにお悩みの飲食店様よりご相談をいただきました。

今月から本格的に活動を始めた「グリストラップ キレートカオス」の販売ですが、今までは知り合いの店舗にお願いしてテストをさせて貰っていましたが、先週末に、グリストラップの臭いがどうしても気になって、何とかならないか!と仰る飲食店様から問い合わせがありました。店舗は、中華料理で席数30席、グリストラップの容量は丁度300リットルの規模です。
今週後半に、訪問し、状況を確認した上で、ご購入いただき、投入してまいります。当初は、アフターサービスも兼ねて、導入後1週間毎の訪問はしてまいります。
これでまた、1軒グリストラップの問題を解決することが出来ました。
グリストラップキレートカオスの事なら、株式会社パディトップクラブまでお気軽に、今すぐお電話(03-6410-2362)か、メール(info@paddy-rent.jp)をお送りください。

グリストラップ 掃除 清掃

グリストラップの標準的なメンテナンスは、最初のバスケットの生ごみは毎日清掃、2槽、3槽の表面の油層は最低週一回、すくって破棄、そしてグリストラップ底のヘドロは、月1回の清掃となっているようですが、皆様の店舗は如何でしょうか?この通り実施されていますか?
中華料理店様でしたら、週3回位ヘドロまできれいに清掃されているところもあるようですし、軽食・喫茶(カフェ)のお店でしたら、あまり汚れないので、月1回スタッフの方が、ヘドロまで清掃していらっしゃるようですが、殆ど汚れが無いとのお話も伺っております。
グリストラップの清掃は、面倒でコストも掛かりますが、定期的な清掃作業を行わずに放置しておくと、悪臭や配水管のつまりが起きてきて、悩まされることになります。パディトップクラブが取り扱っております「キレートカオス」は、面倒なグリストラップの清掃に関わる悩みを解決します。
月に1回グリストラップに「キレートカオス」を入れるだけで、定期的なグリストラップの清掃作業が軽減されます。そして、まず最初に皆さんが実感する事は、臭いが驚くほど軽減されます。
グリストラップの事でお困りならパディトップクラブまでお気軽にご相談ください。

グリストラップ 臭い

グリストラップの臭いは、厨房で働く多くのスタッフの方たちの悩みの種になっています。
「開けると臭いから、つい手入れがおろそかになってしまう。」と言うのが、厨房スタッフの方たちの本音であり、手入れをしないから悪臭となり、また、悪臭がするので手入れをしないと悪循環になってしまいます。
パディトップクラブが取り扱っている「グリストラップ キレートカオス」は、まず最初に、臭いに効果が表れてきますので、厨房のスタッフのグリストラップの毎日の「生ごみ」取りの負担も、大きく軽減されます。
グリストラップの事でお困りならパディトップクラブまでお気軽にご相談ください。

グリストラップ、キレートカオス投入1週間後

先週キレートカオスを投入させていただいた、中華料理店様に1週間目の点検で、訪問しました。丁度テレビ局のクルーが撮影に入っていて、ゆっくり厨房スタッフの方とお話をする時間があまりありませんでしたが、臭いは確実に減っているようです。
中華料理店様なので、確実を期すため、再度150gのキレートカオスを追加で投入し、また1週間後に確認に伺います。こちらのグリストラップは、非常に清掃が行き届いていて、きれいな状態です。P1010396

グリストラップ 防臭 防汚

株式会社パディトップクラブが取り扱う、グリストラップの水質浄化剤「キレートカオス」は、「お手入れ簡単!月に1回いれるだけ!」をキーワードに、飲食店様、コンビニエンスストア様、スーパー様、学校、病院様で広くご利用いただいております。使用法は本当に簡単で、グリストラップの蓋を開け、月に1回キレートカオスをグリストラップに入れるだけで、臭いの軽減、ヘドロの分解、油分の分解と効果があり、コストダウンにも貢献しています。

グリストラップ

新規事業としてグリストラップ浄化業務をスタートさせましたが、多くの飲食店様が、悩みを持っていらっしゃることが良くわかりました。
現在、標準のメンテナンスは、「生ごみ」は毎日のバスケット清掃、「表面の油脂類」は、店舗によりますが最低週1回の回収、底の「汚泥等」は、月1回の清掃となっていますが、キレートカオスは、このメンテナンスの時間と費用のコストダウンに貢献します。